週刊青い花

HOME > 突撃レポート

突撃レポート

突撃!J.C.STAFF

部員A: 「これより『週刊 青い花』編集部は突撃取材を敢行する!」
部員B: 「敢行する!」
部員A: 「声が小さいっ! もう一度!」
部員B: 「ふみちゃんとあーちゃんを! 今この手に!」
部員A: 「さっきと言ってる事が違ーう!」
部員B: 「うう、ふみちゃん達が生まれるところを目撃してしまえるとは、あまりの嬉しさに涙が止まらないのであります!」
部員A: 「さて、そんなコントもここまでだ。なぜなら我々はもうJ.C.STAFFに着いてしまっているからだ!」
突撃レポートphoto
部員A: ということで、『週刊 青い花』編集部ではTVアニメ「青い花」を制作しているJ.C.STAFFさんに突撃レポートをしてきました! 皆さん、お仕事中ですのでまさに真剣そのもの。お邪魔にならないように静かに中へ...
部員B: 突撃! 突撃!!
突撃レポートphoto
部員A: まずは作画部へ。ここではレイアウトに沿って動画の起点になる動きを描いた原画や、その原画の修正(作監修正)、原画と原画の中を割って動いているように見せる動画のお仕事が行われています。作品作りの根本とも言える大事な部署ですね。
部員B: 早速です! い、いまいま今、目の前でふみちゃんが生まれつつあります! 魔法の指先とはまさにこのことです! 見惚れてしまいます~。
突撃レポートphoto
部員A: こうやってトレス台の上でキャラクター設定を確認しながら一枚一枚描いていくんですね~。人によっては下の紙をクルクル回しながら描いていく人もいますよね。
部員B: こんなにアップで撮影させてもらってしまいました! ふみちゃんが描いてしまわれております! もうこれ以上近づくのは耐えられないであります! ふみちゃんが今そこに生まれていきます!! 目の前で、目の前で~!!
突撃レポートphoto
部員A: ふみちゃんの立ちポーズの設定がしっかり前に貼ってありますね。机の上にも表情の設定がありますし、もうこの方の頭の中はふみちゃん一色ですね。
部員B: 私の頭の中は魔法の指先でいっぱいであります! あんなふみちゃんやこんなふみちゃんも生み出されてしまうのでしょうか?! 素晴らしい、素晴らしいであります~!
突撃レポートphoto
部員A: お次は美術部にお邪魔します。おっ、モニターに杉本先輩を発見! ここでは何をしているところでしょうか。
JC: 「ここは仕上げ部ですよ!! 青い花の美術は小林プロダクションの皆さんが筆で書いてますから。
ここでは、キャラクターの色を決めてその指示通りに色を塗る作業をしているんです。」
部員A: なるほど! こうやって色の付いたキャラクターが生まれるわけですね。あっ、生まれるが遷った...。
突撃レポートphoto
部員B: 待って待って! 先輩が~先輩のお顔が~!! でき、できている途中でございます! 作られております! こんなところは初めてみました! 感激であります!
部員A: 君は軍曹か!
突撃レポートphoto
部員A: お次は、デジタル部です。ここでは撮影・3Dと言った仕事が行われています。おっ、番組宣伝用のビジュアルを発見!
突撃レポートphoto
部員A: 普段はモニターに箱をかぶせるような形でチェックしているみたいですね。
JC: これは、上からの蛍光灯の光を遮ることで余計な情報がモニターに映らないようにしているんです。
部員A: なるほど。光が差し込む絵を撮影しているところに、本当の光が差し込んだら分からなくなりますもんね~。
突撃レポートphoto
部員A: 撮影しづらいからと言って、箱を取ってくださいました。えっ? 撮影って我々編集部の撮影のことですか! すみません、気を遣わせてしまいまして...。
部員B: 限界であります隊長! 私はここから帰りたくないであります! もっと「青い花」が出来ていくところを見せて頂きたいであります!

こんな感じで皆さんお仕事中で忙しく、繊細な作業をやられているにもかかわらず、とても親切なご対応をして下さいました。こういう優しさに溢れた現場で作られる作品だからこそ、生き生きとした映像が出来上がるというわけですね。

あれっ? そういえば、監督とかキャラクターデザインの方たちにお会いしてなかった! せっかくスタジオに来たんだから、お会いしていかねば!!

というわけで、この続きは次回。

2009.6.26 UP

週刊青い花

© 2009 志村貴子・太田出版/青い花製作委員会