週刊青い花

HOME > スペシャルトーク

スペシャルトーク

第5回 羽海野チカ×志村貴子

PROFILE

羽海野チカ©羽海野チカ

羽海野チカプロフィール

羽海野チカ(うみの・ちか)●東京都葛飾区生まれ。グッズデザイナー、イラストレーターを経て、2000年『ハチミツとクローバー』でマンガ家としてデビュー。大ヒットした同作は、アニメ化(監督/カサヰケンイチ)、映画化、テレビドラマ化もされた。また2007年からは新作『3月のライオン』(白泉社)の連載をスタートし、大きな反響を呼んでいる。
志村貴子©志村貴子

志村貴子プロフィール

志村貴子(しむら・たかこ)●1973年生まれ。1997年に『ぼくは、おんなのこ』でデビュー。主な著書に『青い花』『どうにかなる日々』(ともに太田出版)『敷居の住人』『放浪息子』(ともにエンターブレイン)『ラヴ・バズ』(少年画報社)など。現在「月刊コミック・ビーム」にて『放浪息子』、「マンガ・エロティクス・エフ」にて『青い花』を連載中。

取材・文/宮昌太朗

PROFILE

(第5回 羽海野チカ×志村貴子【中編】)  【前編】はこちらから

――『青い花』の登場人物のなかでは、羽海野さんはふみちゃんが一番好き、という話だったんですけども、彼女のどこがいいんでしょう?

羽海野 私、重たい人が好きなんですよ、心の重たい人が(笑)。しかも、そんな心の重たい彼女が、あーちゃんに対してどう言うんだろう? と思ってたら、率直に言っちゃったじゃないですか。で、今度は「あーちゃん、どうするんだろう?」って。
志村: あーちゃんにしてみれば「そんなこと言われても」みたいな感じで。
羽海野 でも、あの「はぁ......」ってなってるあーちゃんがまたかわいくって。「あーあ、これは好きになっちゃうよなあ......」って思っちゃう(笑)。私が『ハチクロ』を描いているときも、誰かが核心に踏み込んじゃったら、そこから話がだーっと進んじゃうのが、わかってたんですよ。それが怖くて、みんなモジモジしてるだけで8巻くらいまで行っちゃったんですけど、『青い花』はふみちゃんが飛び込んでいったのを見て「ああっ!」って。すごい勇気があると思った。
志村: あれは怖かったです。
羽海野 その怖さはわかります。だから志村さんって、すごい勇気があるんだなって。
志村: でもその一方で、そういうことを求めていない人もやっぱりいて。
羽海野 ああ......。
志村: それは『青い花』に限った話じゃないんですけど、女の子同士がキャッキャしてるのを見たい人にとっては、そういう関係を崩しちゃうキャラクターは疎ましく思われるんですよね。「でも、でも私......それが描きたかったんです!」っていう(笑)。
羽海野 そうかあ。『ハチクロ』のときも、「誰も口火を切らないでほしい」っていう、読者さんの願いをすごく感じてたんです。でも「私は言わせてあげたい」と思ってて、そのときに読者のみんなを裏切ったんですね。裏切ったというか、ちゃんと、私が思うラストを責任持って描かなければと。作品が終わってずいぶん経つのに、まだネットでみんなが「最終回に異論がある」って熱く語ってくれてるのを見ると、「本当にごめんね」って思うんです。「会って謝りたいけど、会いにいけないや」って(笑)。
志村: でもそうやって、多くのファンの人に愛されてるっていうのは、すごいことだと思うんですよ。プレッシャーも大きいだろうし。
羽海野 あ、でも私、島本(和彦)先生の『吼えろペン』のなかに「名作の条件は、最終回でコケることだ!」ってセリフがあって(笑)。それにすごく救われたんですよ。
志村: やっぱり島本先生はすごい!
羽海野 大好きなんですよ!
志村: 本当ですよ。本当に大好き。もう、全部言ってくれるんですよね。
羽海野 「あえて寝る!」とか(笑)。
志村: そうそう! あえて寝る!
羽海野 「あえて寝る」は、私もやったことがあります。ああ、よかった。島本先生の仲間がいた......。
志村: あれにやられないマンガ描きなんているんだろうかって感じで。
羽海野 バイブルです。
志村: バイブル。本当に憧れますね。私、昔から『サンデー』を読んでたので、島本マンガは子供のときから必然って感じで。
羽海野 私は『ガレキの翔』から入ったんですけど、ちょうど『ハチクロ』を描いてたときに、島本先生に初めてお会いできたんですよ。で、そのとき『燃えよペン』に「マンガ家十訓」っていうポスターがついてて、それにぜひ私にひと言、「十一訓目を!」ってお願いしたんですね。
志村: うらやましい......。
羽海野 そうしたら「羽海野、最後まで描け!」って。
志村: おお、すごい!
羽海野 すっごい幸せでした。そのあとに『YOUNG YOU』がなくなったんですけど『コーラス』に移籍したんですけど、島本先生の十一訓目のおかげで無事、連載を終えられた。
志村: それはすごくいい話ですね!
羽海野 炎尾先生って、誰かに相談されると一緒に悩んじゃって、悩んでいる過程もダダ漏れで。最後に出す結論が正しいかわからないけど、やっぱりいいんですよ。こんなに正直にマンガを描いて、みっともないくらいオロオロしてるのにかっこいい。「私はこういうマンガ家になりたい」と思うし、あのおかげでアシスタントさんに対する接し方が楽になりました。弱音吐いてみたり、逃げちゃったり、「怖くてもいいんだ、先生」って。
志村: 塀内夏子さんのマンガ指南書みたいな本があって、私、それが大好きなんですけど......。
羽海野 私も買ってみます。
志村: そのなかでも、島本先生との対談というか、会ったときの話が書かれてるんですよ。で、島本先生は「私を炎尾君と同一人物と思わないでください」って言うんですけど、編集というかマネージャーをされてる方が「いえ、ほぼ一緒と考えて結構です。そのまんまです」って、すごく冷静に言う(笑)。
羽海野 私もそう思います。
志村: やっぱりそうなんですね(笑)。
羽海野 これ、ちょっと自慢なんですけど。島本先生がメールを下さるときに、まず「羽海野! 元気か?」って書かれてて。で、ダーッとスペースが入って「よーし、いい返事だ!」って書いてあるんですよ(笑)。
志村: かわいい!
羽海野 もう「大好き!」って。本物の炎尾先生だなあって思います。ああいう先生になりたいな。
志村: なりたいです。

後編に続く

2009.8.21 UP

週刊青い花

© 2009 志村貴子・太田出版/青い花製作委員会