週刊青い花

HOME > スペシャルトーク

スペシャルトーク

第7回 カサヰケンイチ×高山文彦×志村貴子

PROFILE

カサヰケンイチ(監督) プロフィール

1970年4月12日生まれ、愛媛県出身。某アニメスタジオに入社後、制作、撮影、演出助手を経て演出に。『くるくるアミー』で監督デビューを果たしたのち、『ミルモでポン!』『メジャー』といった作品を監督。2005年に監督した『ハチミツとクローバー』は大ヒット作品となった。また演出・コンテとして関わった作品も多い。

高山文彦(シリーズ構成) プロフィール

1953年生まれ。アニメ制作スタジオ・トップクラフト、アートランド経てフリーに。1989年『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』で監督デビュー。代表作に『WXIII 機動警察パトレイバー』(総監督)など。近年では『ラーゼフォン』や『ストレンヂア 無皇刃譚』など、脚本・シリーズ構成として活躍。

取材・文/宮昌太朗

PROFILE

――えー、まだ制作真っ只中ではありますが、今日はカサヰ監督とシリーズ構成の高山さん、あと志村先生に集まっていただいて、いろいろとお話を聞ければと思っています。じゃあ、とりあえずは乾杯しましょうか。

一同: 乾杯!(笑)

――まずは原作を最初に読んだ感想ですかね。お二人には、プロデューサーのM倉さんから原作が渡されたんですよね。

高山: えーっとね、面白かったんだけど「アニメにするのは難しいから、止めた方がいいんじゃない?」つったの(笑)。

――あはは(笑)。初っ端から否定ですか。

高山: 俺は"桃太郎問題"って呼んでるんだけど、あれってさ、一番最初におばあさんが川に行くじゃない? で、川上から桃がドンブラコドンブラコと流れてきて、次のページをめくると、もう桃が包丁で切られて、なかから桃太郎が出てくるわけ。

――はい、そうですね(笑)。

高山: でもね、「おじいさんは山へ柴刈りに、おばあさんは川へ洗濯に......」ってことは、家からちょっと離れたところに出かけてるはずで。しかも、大きな桃を抱えたときに、なかに子供が入ってるわけだから、持ち上げてみて「あ、重い」ってわかるはずなんですよ。じゃあ、その桃を持って、どうやって家に帰ってきたのか。洗濯物は置いていったのか。タライに入れて、こう抱えて持ってくるのはカッコ悪いしな......とかね(笑)。
カサヰ: つまり映像にするときには、リアリティを入れなきゃならないってことね。
高山: うん。市川崑の『竹取物語』とかって、どうやってそこをクリアしたのか、すごく不思議なんだけど、つまりマンガってのは、印象的な絵で繋がっていくわけでしょう。そういう絵を押さえつつ、コマとコマの間を繋ぐものを入れないと、映像としてはすごく収まりが悪くなっちゃう。

――特に『青い花』、なかでも第1巻なんかは雰囲気で繋いでるところが強いから、なおのこと難しいということですね。

高山: まあ、そうだね。だから、これを絵にするのが一番ツラい。じゃあ、その一番ツラい部分は他人に振ろう、と(笑)。

――で、カサヰ監督が登場するわけですね。監督の最初の印象って、どんな感じでした?

カサヰ: うーん......。(隣にいたM倉プロデューサーに向かって)最初に原作を渡されたのって、いつくらいのことだっけ?
M倉: たしか原作の第2巻が出た頃かな。まだやろうかどうしようか、迷ってて。
カサヰ: そうだ。そのときは俺が監督をやるとか、そういう話じゃなくて「何読んでんの?」ってヒュッと取ったのが『青い花』だった。で「百合もの?」って(笑)。

――また、バッサリとした感想ですね(笑)。

高山: そうそう「百合」で思い出したけどさ、『青い花』の脚本をやり始めた頃、たまたま上田敏の訳詩集を読んでたんですよ。そしたら「花の教え」っていう詩があって、そのなかに「この時、百合は追風に」ってフレーズが出てくるの(笑)。

――あはは、本当ですか?

高山: (本を取り出しながら)ほら、ここ。で、そのときに思ったんだよね。「そうか、世界が俺にやれと言ってるんだ」って(笑)。で、ホン(脚本)だったら書けるかもしれない、みたいなことを言っちゃったんだよね。ポロッと。一番大変なところは、他人に任せられるし。

――で、その一番大変なところをやることになったカサヰ監督としては?(笑)

カサヰ: ただ「百合もの」って決め付けずにやろう、とは思ったんですよ。実は、恭己が各務先生が好きだったとか、そういう要素が最初の方に入ってる。もしこれで、相手の先生が女の人だったら、完全な「百合」なんですけど、そうじゃないところがポイントだなって。もっと純粋な、恋愛ってところに絞り込んだ方がいいんじゃないか、って思ったんですよ。そうするともっと間口も広くなるんじゃないかな、と。

――監督としては、原作のどんなところが面白いと思われたんでしょう?

カサヰ: うーん、雰囲気?

――雰囲気。

カサヰ: うん。総括しちゃうと、そうなっちゃうんですけど。
高山: 普通のアニメだと捨てちゃう部分ってあるじゃない? 部屋に入ってくるとか、ベッドに倒れこむとか。そういう描写がすごく重要になる作品っていうか。だからこそ、俺は「アニメにするのは難しい」って言ってたんだけど。プロット型の作品じゃないし。

――実際に、脚本作業に入ってみて、難しかったところというのはどこですか?

高山: まず最初にあったのは、終わり方だよね。例えばこれが『巨人の星』だったら、どんなに途中でも甲子園のとこで終わりにできるとか、あるじゃないですか(笑)。でも、『青い花』の場合は「どこで終わればいいんだよ?」っていうのが大きくあって。
カサヰ: 終わり方を決めるまでは、けっこう時間がかかってますよ。まあ、連載が続いてるものを「とりあえずの終わり」って形で作らなきゃいけないわけで、どんなものでも難しいんですけど。
高山: あと、第1話を書いてるとき、俺としては「ゆったりした流れの方がいいだろう」と思って、普通の脚本よりも少ない枚数で上げたの。だいたい3分の2くらいかな。で「カサヰ君、たぶん少ないと思うけどこれで頑張って」って渡したら、案の定2分くらい足りなくなって(笑)。
カサヰ: そうそう! 「うわ、少ねえ! 足さなきゃ!」つって(笑)。
高山: もともと脚本が少ないのはわかってるから、コンテを切るときも、普段よりゆったり目に、間尺を多く切ってるはずなんだよ。それでもまだ「2分足りない」。
カサヰ: ホント、ビビりました。しかも第1話にはアヴァン(オープニング前のパート)もなかったですからね。とりあえず、ふみとあきらの昔のエピソードをふくらませたり。あとあきらの登校シーンって、あとから足したところなんですけど、あれって本当は、もう少し後の話数でやろうと思ってたことなんです。だから延々とあきらが走ってるのは、尺を埋めるためだったりする(笑)。

――あはは! ぶっちゃけますね(笑)。

カサヰ: 実際、自宅から駅まで、あきらはこういうルートを通っていくだろうって想定して、北鎌倉にロケに行ったりしたんですけど、本当はもう少し後でやるつもりだった。
高山: そうだよね。確か、第3話か第4話の頭でやろうって話だった。
カサヰ: ......なんですけど、それを第1話に持ってきて。あと原作だと、このエピソードの時間って数日あるんですけど、アニメだと2日間しかないんですよ。

――ああ、作品内で流れる時間が。

カサヰ: もう数日あれば、いろいろ拾えるエピソードもあったんですけど、2日間しかないから拾いようがなくて。で、初日って車で登校するじゃないですか。

――なるほど、そうですね(笑)。

カサヰ: じゃあ2日目で、普段、あきらがどうやって登校してるのかを見せれば、世界観としても補完ができるかなって。で、延々走らせてみたんですけど、実際にフィルムになってみたら「意外といいね」って(笑)。

中編に続く

2009.9.11 UP

週刊青い花

© 2009 志村貴子・太田出版/青い花製作委員会