週刊青い花

HOME > スペシャルトーク

スペシャルトーク

第7回 カサヰケンイチ×高山文彦×志村貴子

PROFILE

カサヰケンイチ(監督) プロフィール

1970年4月12日生まれ、愛媛県出身。某アニメスタジオに入社後、制作、撮影、演出助手を経て演出に。『くるくるアミー』で監督デビューを果たしたのち、『ミルモでポン!』『メジャー』といった作品を監督。2005年に監督した『ハチミツとクローバー』は大ヒット作品となった。また演出・コンテとして関わった作品も多い。

高山文彦(シリーズ構成) プロフィール

1953年生まれ。アニメ制作スタジオ・トップクラフト、アートランド経てフリーに。1989年『機動戦士ガンダム0080 ポケットの中の戦争』で監督デビュー。代表作に『WXIII 機動警察パトレイバー』(総監督)など。近年では『ラーゼフォン』や『ストレンヂア 無皇刃譚』など、脚本・シリーズ構成として活躍。

取材・文/宮昌太朗

PROFILE

(第7回 カサヰケンイチ×高山文彦×志村貴子【中編】)  【前編】はこちらから

志村: いやもう、本当に素晴らしかったです(笑)。私が端折っりまくっちゃったところを、ちゃんと描いてもらえて。

――お、やっと志村さんが喋りました(笑)。

志村: 「これ、ちゃんとマンガで使おう」って思いました(笑)。
カサヰ: ただ、あれでも結構、端折っちゃってるんですけどね。でも鎌倉って、本当に絵になるんですよ。普通の住宅街の踏み切りだったり、あと江ノ電にしても住宅街の真ん中を走ってるところだったりとか、すごくおいしい絵が撮れる。ただ、普通の人には「これが鎌倉です」ってわかりづらいんで、御霊神社だったり、比較的わかりやすい場所をピックアップして使うことになったんですけど。

――それじゃ、第1話のコンテはかなり苦労されたんですね。

カサヰ: めちゃくちゃ悩みましたね。いくら足りないからといって、ヘンなシーンを足すわけにはいかないし。

――ヘンなというのは?

カサヰ: いい意味で、原作が端折ってるところ埋めてしまうと、想像できる余白がなくなって、逆に面白くなくなっちゃうわけですよ。そういう余白は残しておきつつ、っていう。だから第1話なんかは、思い切って情景描写に走っちゃったわけで。
M倉: ほかのシリーズの第1話の、倍ぐらいの勢いで悩んでたもんね。
カサヰ: 悩んだというか、......ぶっちゃけていうと、コンテを割ってて「これ、面白くないんじゃないか」って思った(笑)。

――いやいやいやいや!(笑)

カサヰ: 「俺、全然面白いと思えないんだけど」つって(笑)。
高山: 俺もわかんなかったんだよね。脚本を書いてても「これ、面白いのか?」って。
カサヰ: 高山さん、第1稿を上げてきたときに言いましたもんね。「俺は全然面白くないと思う」って(笑)。
高山: 自分で書いたくせに(笑)。
カサヰ: というか、その脚本を映像に変換していくときに、どんどん面白くなくなっていくような感じがするんですよ。だから「大丈夫か、俺?」と思いながら。

――じゃあ、かなり不安な船出だったわけですね。『青い花』の第1話って。

カサヰ: うん。まあ、正直に言えば『ハチクロ』の第1話のときもそうだったんですけどね。あのときも全然尺が足りなくて――まあ、ちょっと理由は違うんですけど。
M倉: ただそういう不安って、あって当たり前だと思うけどね。映像ってやっぱり、監督から派生して、アニメーターさんを通ったり、演出さんを通ったり、いろんな人の手を経てどんどん変わっていくものじゃない? だから特に最初は、みんな不安なんですよ。
カサヰ: 計算づくで作ってるように見えて、実は結構、行き当たりばったりだったりするし。結果的にはいい具合にまとまったとしても、走ってる最中は不安で仕方がないし。
M倉: 脚本だって、第1話は行き当たりばったりなところがあるもんね?
高山: うん(笑)。

――そんな力強くうなずかなくても(笑)。

カサヰ: いや、意外と最後の何話かで、キュッとまとめたりとかね。これまで何も考えずに描いていたことを、ババッと拾い集めて、「おお、なんか俺、すげえ最初から考えてたみたいじゃん」とか(笑)。
志村: あ、でもそういうことは、マンガを描いててもあるから。
カサヰ: ですよね。なんか不思議な力が働いてる気がする。自分じゃない力というか。
高山: 雑誌でほかの人のインタビューとか読んでるとさ、「最初からこういうつもりでやってたんです」とか言ってるじゃない? でもそんなこと、あるわけがない(笑)。
カサヰ: あとから全体を見渡して「これって、こうしろってことなんじゃない?」って、初めて気づく、みたいな。
志村: 私の場合は、本当にそればっかりなんですよ。基本的に行き当たりばったり。
カサヰ: あはは(笑)。そんなもんですよ、だいたい計算通りに描けないですって。
志村: そうなんですよね。で、ほかの人が書いたレビューを読んだりして「なるほど!」って(笑)。なんかすごく、私は深いことを考えて描いてるって思われるんですけど......。
カサヰ: そうそう。で、勝手に解釈してもらえる。そういう意味だと「俺、あいまいに作ってきてよかったな」と思う。「わかんないな」ってところは、つまり、どうとでも取れる部分なわけだから(笑)。

――ひどいなあ!(笑) でも高山さんはさすがにいろいろ考えられてるんですよね。

高山: うーん、いや、考えてないです(笑)。考えてるふりをしてるだけで、「やっぱ書けねえ!」っていう(笑)。
M倉: 俺はそんな高山さんに、20年近くずっと騙され続けてるわけですよ。
カサヰ: あはは(笑)。でもそれって当たり前じゃない? みんなが考えてくれる――ってことはつまり、まわりの脳を使って、自分で考えたフリをするわけで。
高山: 『あしたのジョー』でも、ちばてつやさんが「ラスト、どうしたらいいのかわからない」って悩みまくったって話があるじゃない。で、担当編集者が「これじゃないですかね、ジョーは」つったのが、あの結末だったっていうしね(笑)。まあ、そんなもんなんですよ。

――あははは! そんなもん、って(笑)。

M倉: でもさ、だったらもっと早くスタートを切ればいいじゃないって思うんだけど。
カサヰ: いやいや、そうじゃないんだな、これが(笑)。神様が降りてくるのは、締切の日なんですよ。
志村: そう、本当にそうなんです!
カサヰ: つまり、締切日がスタート。
高山: エンジンって、空気とガソリンを混ぜて、ビーッと圧力をかけるじゃない。で、火が点くと「ボン!」ってピストンが動くんだけどこれが、時間がかかるんだよ、やっぱり。
M倉: 役に立たないピストンだなあ(笑)。
カサヰ: 僕は昔、「プリントアウトするのに時間がかかるんだ」って言ってました。(頭を指差しながら)「ここにはあるんだけど、プリントアウトに時間がかかるんだ!」って。
志村: 本当にその通りです。
カサヰ: なんでだろうね。もっと早く神様が降りてきてくれればいいのに。
志村: そうそう、いつもそう思います。

――なんだか、締切を守れない人たちがお互いをなぐさめあう展開になってますが(笑)。

高山: でも俺、1回、『鉄腕バーディー』の脚本を3日で書けたことがある。
カサヰ: そういえば僕も、1週間で半パート分のコンテを上げたことがありますよ。そのときは我ながら「天才!」って思った。

――おお、すごいじゃないですか。

カサヰ: でも、あとで見返すと「うわ、ひでえ! なんだこれ!?」って(笑)。要するに、たぶん怖いもの知らずみたいなところがあるのかなあ、と。すぐそこに崖があっても、知らなきゃ平気で立ってられる。でも。崖があると知った瞬間から、もう立ってられないっていうか。

後編に続く

2009.9.18 UP

週刊青い花

© 2009 志村貴子・太田出版/青い花製作委員会