週刊青い花

HOME > スペシャルトーク

スペシャルトーク

第1回 U村氏×M倉氏

PROFILE

U村氏©志村貴子

U村氏プロフィール

「マンガ・エロティクス・エフ」(太田出版)編集長。志村貴子氏の担当編集。主な担当作品に『青い花』(志村貴子)『リストランテ・パラディーゾ』(オノ・ナツメ)『愛がなくても喰ってゆけます。』(よしながふみ)など。
M倉氏©羽海野チカ

M倉氏プロフィール

株式会社J.C.STAFFのプロデューサー、執行役員制作本部長。『ハチミツとクローバー』『のだめカンタービレ』など数多くの人気アニメ作品を手掛ける。

取材・文/宮昌太朗

PROFILE

(第1回 U村氏×M倉氏【後半】)  【前半】はこちらから

――脚本で苦労されたというお話がありましたけど、具体的に大変だったところというと、どういう部分なんでしょう?

M倉: 例えば、会話の量が圧倒的に少ないんですよ。特に最近のマンガとか小説に較べると、会話がすごく少ない。でも、アニメって絵で見せるだけじゃ伝わらないんですよ。実写と違って、絵って基本的には作り物なので、とにかく会話と絵の組み合わせ、両方の合わせ技で見せていかなきゃいけない。だから「この状況をどうやって説明しよう」とか、「この時間をどう持たせよう」みたいなことが、いっぱいあって。で、また作ってるのがおっさんばっかりなんで、出てくるセリフも微妙におっさん臭いわけです(笑)。全然可愛くない! まあ、そういう部分は、途中から若い女の子に脚本に入ってもらったりして、かなり助かりましたけど。

――U村さんは、毎週のシナリオ会議に参加されてたそうですけど、いかがでしたか?

U村: いやもう、すごく楽しかったです(笑)。というのも、私と志村さんは日々、1対1で作品を作ってるんですよね。で、私はすごく『青い花』が好きなんですけど、1対1で志村さんに「『青い花』が好きです」って言うのとかって、気持ち悪いじゃないですか(笑)。

――あはははは!(笑)

U村: でも、シナリオ会議に行くと、ここには一応、『青い花』をアニメにしようと思って、力を尽くしてくれる人たちが集まっていて、公然と「『青い花』が好き」って言えるわけです(笑)。「あーちゃんはこうで、ふみちゃんはこうで」みたいな話を、何時間でもやっていい。

――いや、それが仕事なんですけど!(笑)

U村: それがすごく楽しくて。しかも、みんなそれぞれに役割があって、高山さんは神様みたいに全体を俯瞰した意見を言って、M倉さんはアニメとしての見せ方みたいなところからコントロールして。そのなかで私は「あーちゃんはこんなキャラじゃありません」とか「杉本先輩を嫌な子にしないでください」とか、ひたすらキャラクターのことを言い続けてるんですけど、最後にそれを、カサヰ監督が絶妙なチャームでまとめ上げてくださるんです。
M倉: 彼ははときどき、すごく神がかったことを言うんだよね(笑)。
U村: なんかこう、キラキラキラーン☆って魔法がかかるっていうか。
M倉: そうそう。だから高山さんと同じ、俯瞰の目線なんだけど、高山さんとはまた別の視点から作品をコントロールするんだよね。あれは結構、特殊だと思う。例えば、シナリオ会議をしていても「アニメならこうだ!」って話をする監督は、山ほどいるんですよ。でも、カサヰはそうじゃない。「アニメ的にはそうだけど、でも気分はこうだよね」とか、俺ら以上にキャラクターの心情の裏の裏を掴んでるというか。「このセリフは、こういうことがあって、こういう気持ちで言ってる......ように見せかけて、実はこうだ!」とかね(笑)。そういう指摘が、すごく上手い。

――放映開始に向けて、だんだん完成しつつある状況だと思うんですが、手ごたえはいかがですか?

M倉: まだミックスが終わった段階なんですけど、キャスティングでもちょっと冒険してみたりとか、いい感じで進めてるかなって思います。アフレコの感じもすごくいいんですよね、ちゃんとキャラクターがフィルムのなかで生きてる感じが作れてる、というか。
U村: アフレコの1回目に、志村さんと一緒にお邪魔したんですけど、ふたりともなんだかグッと来ちゃって(笑)。みなさんがすごく本気でやってくださってるのがわかったというか。第1話の最後に、ふみちゃんの「そのひと言は10年の月日を軽く飛び越えた」ってモノローグがあるんですけど、何回もテストをやって。途中で「ほぼこれでいいんじゃないかな」ってものもあったんですけど、全然妥協せずにテイクを重ねて、その最後の最後に、本当に完璧なモノローグが来たんですよ。それを聞いたときには、志村さんも私も、ちょっと涙声になっちゃって(笑)。そのあとふたりでファミレスに行ったんですけど、ふたりとも「よかったですね」しか言い合わない、みたいな感じで感動に浸ってました(笑)。

――では最後に、これから『青い花』を見る人たちに、見どころを。

M倉: 原作が好きなメンツが集まって、あくまで原作の方を向きながら、でも一般大衆に投げられるものを作りたい、って思って作ってます。俺達が好きなものが、一般の人でも受け入れられるようなものに、ちょっとだけ化学変化したというか。そういう意味では原作ファンも、初めて見る人でも、安心して見てほしいな、と。「女の子と女の子」ってところに引っかかる人がいるかもしれないですけど、そういう色眼鏡じゃなくて、ひとつの青春群像劇というか、「こんな心地のいいフィルムがあるよ」と。そういうふうに見てもらえるといいかなあ、と思いますね。
U村: 志村さんも私も、放送開始をすごく楽しみに待ってるんです。そう思えるのは、なによりも信頼ができて、安心できる形でここまで進めてきてくださったからで。ですから、原作ファンの方は安心して、テレビの前に座って見てください、と。初めて見てくださる方にも、可愛い少女たちにときめいていただけたら嬉しいです。
M倉: ......と言いながら、ちょっと見てほしくない、って気持ちもあるんだよね(笑)。俺達の大事な志村さんの作品を、なるべく人目にさらしたくない、俺たちだけの物に!みたいな。
U村: あはは(笑)。

2009.6.26 UP

週刊青い花

© 2009 志村貴子・太田出版/青い花製作委員会