週刊青い花

HOME > スペシャルトーク

スペシャルトーク

第4回 オノ・ナツメ×志村貴子

PROFILE

オノ・ナツメ©オノ・ナツメ

オノ・ナツメプロフィール

オノ・ナツメ●1977年生まれ。コミティアでの同人誌活動を経て、2003年に『ラ・クインタ・カーメラ』でデビュー。『リストランテ・パラディーゾ』(太田出版)はアニメ化もされ大ヒット。その他の著書に『GENTE』(太田出版)『さらい屋五葉』(小学館)『COPPERS』(講談社)など。現在「月刊IKKI」にて『さらい屋五葉』連載中。
志村貴子©志村貴子

志村貴子プロフィール

志村貴子(しむら・たかこ)●1973年生まれ。1997年に『ぼくは、おんなのこ』でデビュー。主な著書に『青い花』『どうにかなる日々』(ともに太田出版)『敷居の住人』『放浪息子』(ともにエンターブレイン)『ラヴ・バズ』(少年画報社)など。現在「月刊コミック・ビーム」にて『放浪息子』、「マンガ・エロティクス・エフ」にて『青い花』を連載中。

取材・文/宮昌太朗

PROFILE

(第4回 オノ・ナツメ×志村貴子【中編】)  【前編】はこちらから

――オノさんは、メインの4人のなかで一番お好きなのは杉本先輩ですか?

オノ いや、あーちゃんです(笑)。
志村: あはは(笑)。即答でしたね。

――今の話の流れからすると、杉本先輩のような気もするんですけど。

オノ いやあ、かわいいですよね、あきら。「あきら」って今、初めて呼びましたけど(笑)。「あきら」って名前は、担当さんの下の名前から採られたんですよね?
志村: そうなんです。下の名前は、ちょいちょいいろんな編集さんからいただいてます。
オノ ふみちゃんもですか?
志村: ふみちゃんは、担当さんの幼なじみの話が元になってるんです。この話をするのは、これが初めてなんですけど(笑)、担当さんから幼なじみの話を聞いて「ちょっと、それ描きたい」「いいですよ」「名前使ってもいい?」って(笑)。
オノ へえーっ、そうだったんだ!
志村: ただ名前と性格は、ちょこちょこ入れ替えたりしてて、実際は担当さんの方が泣き虫キャラだったんですけどね(笑)。
オノ じゃあ、京子さんは?
志村: 京子はちょっと別で、私のなかで色っぽい感じの人の名前って、つねに「京子」って、ポンと出てくるんですよ。
オノ 確かに名字も色っぽいですよね。
志村: ああ、そういえばこの間、井汲さんと同性同名って方からメールをいただいたんですよ。「もしかして私のお知り合いですか?」って(笑)。いやもう、全然偶然なんですけど......。話を元に戻すと、オノさんはあーちゃんのどこがよかったんですか?
オノ 私、マンガを読んでてもあんまり「この女の子、かわいい!」とか思わないんですよ。だいたいがオジサンだったりするんですけど......。
一同 あはは(笑)。
オノ あるいは、誰かのお父さんとか(笑)。『青い花』にも各務先生が出てきたりしますけど、でもやっぱり一番はあーちゃんですね。かわいいなって思う。
志村: あーちゃんはいろんな人から好かれるキャラクターですね。「あーちゃんはちょっと......」みたいな人には、会ったことがない。
オノ しかも今(原作の展開で)、ちょっと悩んじゃったりしてるじゃないですか。そこもまた気になるし。
志村: そう、こんないい子を悩ませなきゃいけないのか......って。もう「すいません」って感じなんですけど。

――志村さんにとってあきらって、どんなキャラクターとして描き始めたんでしょう? まず最初にふみがいたわけですよね?

志村: というか、私の描くマンガのキャラクターって、基本的にうじうじした人ばっかりなので(笑)、自分ではこれまであまり描いたことがない、天真爛漫というかしっかり者のキャラクターを描いてみたいな、っていうのがあったんです。ただ、これまであまり描いたことがないキャラクターなので、動かし方がわからないんですよ。
オノ いやいや、いっぱい動いてますよ、あーちゃん(笑)。
志村: 「ちゃんとしてる人って、どういうふうに動くの?」って、頭を抱えちゃう。実は『青い花』を描き始めるときに、あーちゃんを絶対にかわいく描きたい、って思ってたんですね。でも全然、満足のいく感じにならなくて「今度こそは、かわいく!」っていうのを、いまだにずっと繰り返してるんですよ。陶芸家が茶碗を作るたびに、まだダメだ、まだ納得いかないってたたき壊す、みたいな感じで。

――いや、全然かわいいと思いますけど。

志村: 動作ひとつ取っても、ほかの人が描いてくれたほうがすごくかわいいんです。随分前に、コミックスの販促POPを松苗あけみさんや雁須磨子さん、田村マリオさんに描いていただいたんですけど、「私が描きたかったあーちゃんってこうなの!」って(笑)。
オノ POPもかわいかったですけど、原作も全然かわいいですよ。ほっぺたとか特にかわいいし。そういえば「エフ」の編集部に行ったとき、アニメ版のキャラクター設定が、ちょうどテーブルに置いてあったんですよ。で、それを見ながら私、志村さんの絵のなかでも女の子の脚の、ふくらはぎから足首のラインがすごく好きで(笑)、「これはぜひ再現してください!」ってプッシュしてしまいました。
志村: あはは(笑)。
オノ そこになにか女の子らしさがあるな、と思ってて。すごくかわいいんですよね。
志村: あとはスカート丈(笑)。
オノ ちょっと違うだけで、ダメなんですよね。不思議なことに。
志村: そうなんですよ。
オノ ちゃんといいバランスの位置っていうのが絶対にある。
志村: 別のお仕事で、制服姿の女の子を描いたんですけど、私の好きなスカート丈でラフを出したら「すいません、やっぱり表紙なんでもうちょっと短めにお願いします」って言われて、「ああ、そういうものなんだな」とか。靴下もハイソックスで、「その絶対領域が好きなんだな」っていう(笑)。
オノ 私、タイツより靴下が好きなんです(笑)。なんか、いいバランスがあるんですよね、絶対に。ここから足が見えてるのがいい! っていうバランスがある。ただ、そこのラインを出してもらうのは......。
志村: きっと「面倒くさい」って思われるんだろうな、と思いつつ。
オノ いや、そこはファンとしてこだわってほしいところです(笑)。

後編に続く

2009.7.31 UP

週刊青い花

© 2009 志村貴子・太田出版/青い花製作委員会