週刊青い花

HOME > スペシャルトーク

スペシャルトーク

第4回 オノ・ナツメ×志村貴子

PROFILE

オノ・ナツメ©オノ・ナツメ

オノ・ナツメプロフィール

オノ・ナツメ●1977年生まれ。コミティアでの同人誌活動を経て、2003年に『ラ・クインタ・カーメラ』でデビュー。『リストランテ・パラディーゾ』(太田出版)はアニメ化もされ大ヒット。その他の著書に『GENTE』(太田出版)『さらい屋五葉』(小学館)『COPPERS』(講談社)など。現在「月刊IKKI」にて『さらい屋五葉』連載中。
志村貴子©志村貴子

志村貴子プロフィール

志村貴子(しむら・たかこ)●1973年生まれ。1997年に『ぼくは、おんなのこ』でデビュー。主な著書に『青い花』『どうにかなる日々』(ともに太田出版)『敷居の住人』『放浪息子』(ともにエンターブレイン)『ラヴ・バズ』(少年画報社)など。現在「月刊コミック・ビーム」にて『放浪息子』、「マンガ・エロティクス・エフ」にて『青い花』を連載中。

取材・文/宮昌太朗

PROFILE

(第4回 オノ・ナツメ×志村貴子【後編】)  【前編】はこちらから  【中編】はこちらから

――オノさんは、『青い花』第1話をご覧になっていかがでしたか?

オノ さっき、一緒に観ながら話してたんですけど、志村さんの描かれる絵だったり、作品の"やわらかさ"が、ちゃんとアニメで再現されてて、すごくよかったです。やっぱりファンとしては、「そこが再現されるのかな?」っていうのが一番気になるところで、やっぱり志村さんのこの(カラーイラストの)色を再現するのは、正直、無理じゃないですか。でも、作品が持ってるやわらかさだったりは、ちゃんと表現されていて、原作に沿ったものになってたのが、嬉しかったですね。声もかわいいし、動いているのはやっぱりいいなあ、って。
志村: 通学途中のあーちゃんが駆け下りてくるところとか......。
オノ よかったですよね。
志村: そうそう。北鎌倉の駅の場面。切り通しを抜けて......みたいなシーンも、メモメモって感じで。「そうか、あーちゃんはこういうところを通ってるんだな」って(笑)。
オノ 背景もすごくきれいで。
志村: いやもう、本当にスタッフさんには感謝でいっぱいです。

――アニメ化されて、変わったことはありますか? オノさん自身がマンガを描くときに変わったこととか。

オノ ないような気がするんですけど......。あ、でも私、クラウディオを描くのが苦手だったんですよ。『GENTE』で描いても、やっぱりダメで。でも、最後の2話くらいで、ちょっと変わってきたんですよね。ちょうどその頃、アニメのキービジュアルを描いたんですけど、そのときに初めて、クラウディオを上手く描けたんですよ。
志村: おおっ!
オノ クラウディオを描くコツがつかめてきて、そこから楽しくなりました。アニメのクラウディオがすごく色っぽかったんですよ。原作よりも、絶対にいい紳士で(笑)。しかも声がすごくよくて、声の分が足されて、クラウディオの株が上がった(笑)。
志村: クラウディオの地位が、そんなに低かったなんて......(笑)。
オノ すごい重要なキャラだったのに、こんなこと言っていいのかな? みたいな感じではあるんですけどね(笑)。
志村: クラウディオ、大事ですよね。
オノ 志村さんは、アニメが始まって何か、変わったことはありました?
志村: いろいろと描くものが増えたくらいで、それほど変わったことはないですね。ただ、それまでまったく気にしてなかったようなことを、いろいろ決めなきゃいけなかったり。脇にいるような、名前のなかったキャラクターにフルネームをつけたり。あとは小道具とか、細かいところまで、いろいろと設定を作らなきゃいけなかったですね。
オノ 大変な作業ですよね......。
志村: もともと、ずさんな描き方をしてたから、なおさら......。
オノ 私もまったく、その通りで......(笑)。
志村: 部室ひとつ取っても、1巻のときはこういう窓枠なんだけど、2巻だと全然違う、みたいな。もう「この子たちはどこにいるんだ?」みたいなことが、結構あって。
オノ 私もそうなんですよ。ひどいときは、同じ話のなかで違ってたりする。
志村: そうそう。全然あります。服なんかでもそうで。1ページ目からちゃんと描いてないと、いつの間にか変わっちゃったりとか。そういういい加減にやっている部分が、アニメを作ることになって、「ああ、ちゃんと決めなきゃいけないんだな」と。だから、私もちゃんとロケハンに行こう、と思いました。

――アニメが始まって(笑)。

志村: 改めて行かなきゃな、って。連載が始まる前と、始まってから数回。写真を撮りに行ったきりになってるので。「今までアンタ、頑張ってなかったの?」って聞かれたら「そ、そういうわけじゃないんですけど......」って感じなんですけど(笑)。ますます頑張ります。

2009.8.07 UP

週刊青い花

© 2009 志村貴子・太田出版/青い花製作委員会