週刊青い花

HOME > スペシャルトーク

スペシャルトーク

第5回 羽海野チカ×志村貴子

PROFILE

羽海野チカ©羽海野チカ

羽海野チカプロフィール

羽海野チカ(うみの・ちか)●東京都葛飾区生まれ。グッズデザイナー、イラストレーターを経て、2000年『ハチミツとクローバー』でマンガ家としてデビュー。大ヒットした同作は、アニメ化(監督/カサヰケンイチ)、映画化、テレビドラマ化もされた。また2007年からは新作『3月のライオン』(白泉社)の連載をスタートし、大きな反響を呼んでいる。
志村貴子©志村貴子

志村貴子プロフィール

志村貴子(しむら・たかこ)●1973年生まれ。1997年に『ぼくは、おんなのこ』でデビュー。主な著書に『青い花』『どうにかなる日々』(ともに太田出版)『敷居の住人』『放浪息子』(ともにエンターブレイン)『ラヴ・バズ』(少年画報社)など。現在「月刊コミック・ビーム」にて『放浪息子』、「マンガ・エロティクス・エフ」にて『青い花』を連載中。

取材・文/宮昌太朗

PROFILE

――おふたりは初対面ということなんですが......お、羽海野さん、単行本持参ですね(笑)。

羽海野 (『ラヴ・バズ』を鞄から出しながら)寝坊しちゃったので、3巻と4巻しか見つからなかったんですけど(笑)。
志村: あ、いや、わたしも寝坊して(笑)。絶対サインをもらおうって思ってたんですけど、仕事場に忘れてきてしまって......。

――あはは(笑)。

羽海野 実は『東のエデン』のキャラクターデザインをやることになったとき、「きれいな線の人の絵を模写して、練習しよう」と思ったんですよ。そのとき、お手本にしたのが『ラヴ・バズ』で。
志村: そ、そうなんですか......(恐縮)。
羽海野 『ラヴ・バズ』のキャラクターって、ちゃんと人間らしい頭身をしてるんですよね。で、こういうリアル頭身のキャラクターって「マンガとしては絵がちょっとな......」って感じになるはずなんですけど、『ラヴ・バズ』はすっごくかわいらしくて。6頭身くらいなんだけどすごくかわいくて、なぞったり学んだり「むほー」とか言いながら(笑)。
志村: いや、そんな......(照れる)。

――志村先生、タジタジですね(笑)。

羽海野 あと『3月のライオン』を描くときにも、女の子のキャラクターはをみんな黒髪にしようって思ってたんです、前の『ハチクロ』は黒髪があまりいなかったので。で、そのときお手本にしたのが『青い花』(笑)。あと『ラヴ・バズ』のよーこちゃんを見ながら「ベタってここまで塗ればいいのか」とか(笑)。そんなわけで、志村さんの作品にはいつもお世話になってるんです。
志村: そんな......なんてことを......。

――すごい先制攻撃ですが(笑)、羽海野さんが最初に読まれた志村さんの作品は、やっぱり『敷居の住人』ですか?

羽海野 うーん、『どうにかなる日々』かもしれないですね。マンガを仕事にするようになってからは、だんだん好きな作家さんしか読まなくなってきてるんですけど、「エロティクス・エフ」は、私の好きな作家さんが集結してるんですよ。もう、これはなんとよいカタログなんだろう、たぶん編集長(U村氏)と趣味が同じなんじゃないか、って(笑)。
志村: そうそう。それはすごくわかります。次に呼んでくる作家さんとか見ると、もう「でしょうね!」って感じで。
羽海野 だから星野リリィさんが来たときも、「わあ、リリィちゃん来た!」って(笑)。

――最初に読んだときの印象って、覚えてらっしゃいますか?

羽海野 女の人の限界を越えた絵のうまさだなと思いました。それこそ最初は「男の人なのかな?」って思ったくらい。女の人って、私自身も含めて、立体を描けない人が多いんですよ。でも、志村さんはシンプルな線で立体が描けるんで、恐ろしい人だなって。とにかく絵の上手さに釘づけになりました。

――じゃあ『青い花』も、最初から読んでいらっしゃったんですか?

羽海野 はい。私、ふみちゃんが大好きで。
志村: あ~っ、そう言ってもらえるとうれしいです。ふみちゃんって、結構嫌われがちなんですよ。
羽海野 えっ、それはなんで?
志村: 「性格がいらつく」とか(笑)。「ウジウジしててイヤ」とかって。
羽海野 ええ!? 私、大好物なんですけど......(笑)。嫉妬するとこめかみが痛くなる、とか「キャー!」ってなるんだけどな。

――あはは、わかります。

羽海野 女の子らしい仕草だったり、女の子らしく喋ってるところもいいんですよね。「女の子が好きな女の子」を描こうとすると、描き手としては、男の子っぽい女の子を描いちゃいそうになるんですよ。でも、ふみちゃんは女の子らしいまま女の子に恋をして、男の子らしくしようとしない。そこがすごくリアルでいいな、って。女の子同士が恋をすると、きっとこうなるんじゃないかって思えたんですね。
志村: ああ......(笑)。
羽海野 私ばかりしゃべってしまって、すいません。

――いえいえ、構いませんよ。

羽海野 でも好きなので語ります!
志村: あはは(笑)。
羽海野 そういえば私、『ラヴ・バズ』のよーこちゃんがすごく好きで。よーこって、男っぽくはないじゃないですか。
志村: そうですね。
羽海野 で、(第3巻P.176/町屋ゆりがよーこにキスする場面を開きながら)この顔がものすごく好きで。しかも、次のページに行くと、これじゃないですか。

――よーこが殴り返してる場面(笑)。

羽海野 顔を赤くしながら、目が本当にびっくりした目をしてて。私はここで「キャッ!」ってなっちゃう。こんなよーこちゃんが目の前にいたら、私もたぶん落ちるなって(笑)。だから、『ラヴ・バズ』が終わって、本当に寂しかったんですけど、新しく始まった『青い花』を読んで、「このなかには、またしても私のトキメキが詰まってる」って。
志村: はあ......恥ずかしい......。

中編に続く

2009.8.14 UP

週刊青い花

© 2009 志村貴子・太田出版/青い花製作委員会