週刊青い花

HOME > スペシャルトーク

スペシャルトーク

第1回 U村氏×M倉氏

PROFILE

U村氏©志村貴子

U村氏プロフィール

「マンガ・エロティクス・エフ」(太田出版)編集長。志村貴子氏の担当編集。主な担当作品に『青い花』(志村貴子)『リストランテ・パラディーゾ』(オノ・ナツメ)『愛がなくても喰ってゆけます。』(よしながふみ)など。
M倉氏©羽海野チカ

M倉氏プロフィール

株式会社J.C.STAFFのプロデューサー、執行役員制作本部長。『ハチミツとクローバー』『のだめカンタービレ』など数多くの人気アニメ作品を手掛ける。

取材・文/宮昌太朗

PROFILE

――いよいよアニメ版『青い花』の放映も間近になりましたが、そもそもこの作品をアニメ化しようということになったのは、どういった経緯からだったのでしょうか?

青い花
U村: 第1巻が出てすぐの頃に、メディアファクトリーさんから「アニメ化したい」ってご連絡をいただいたんですね。でも「まだ全然ストーリーが進んでないので、もうちょっと分量がないと」みたいな話をしてて。で、それとはまた別にM倉さんから......。
M倉 別のアニメの仕事で、太田出版さんにお邪魔したことがあったんですよ。で、そのときにU村さんに「俺、『青い花』が大好きなんです。アニメ化するときはぜひうちでやりたいんで他から話が来ても断って下さい!」って口約束をして(笑)。そのあとに第1巻が出たんですけど、本屋で買ってすぐにメディアファクトリーのプロデューサーのところに行って「これ好きでしょ!アニメにしない?」「いいですね、やりましょう」みたいな。基本的にはそういう形で決まったんですね~。 
U村: 私、その話、初めて聞きました。じゃあ、やっぱりM倉さんが陰のフィクサーだったんですね(笑)。
M倉 実はね(笑)。ウチ(J.C.STAFF)ってあんまり「これをやりましょう」って、提案するタイプの会社じゃないんです。でも、『エロティクス・エフ』の編集長とたまたま会えたというのもあるし、何より『青い花』を俺自身がすごく気に入ってたこともあって。

――ということは、M倉さんは連載時からの『青い花』ファンだったんですね。

M倉 志村さんの作品は、この『青い花』の前からずっと好きで。志村さんって、空気感がすごく上手いんですよ。雰囲気で読ませるというか、そういう部分が絶品なんですよね。で、以前ウチで『ハチミツとクローバー』をやって、ああいった系統の作品でもアニメ化したときに芽がある。そういう部分を、パイオニア的にできたんじゃないかって自負もあって。ビデオメーカーさんさえ根性を決めてくれたらできるんじゃないかな、みたいなところがあったんですよね。

――なるほど。M倉さんから「空気感が上手い」という話がありましたけども、そもそもU村さんはどういった経緯で、志村さんに『青い花』の連載を持ちかけたんでしょう?

U村: 『どうにかなる日々』が終わって、ちょうど志村さんが連載をお休みしてた時期があったんですね。すぐ次の連載を始めるというよりは「ちょっと充電したい」っていう時期で。ただそうは言いつつも、その間もずっとお話はしていて。ただ会って、ひたすら夜通し映画を見たりとか(笑)。で、あるときにふと、志村さんが『どうにかなる日々』――あのなかに、女の子同士の話が2編ほど入ってるんですけど、「あれはすごく楽しかった」みたいなことを漏らしたんですよ。「ああいうのだったら、ちょっと長編でもやりたいかも」って。

――待ってたところに、いいエサが(笑)。

U村: 「今だ!」と思って(笑)。「すごくいいと思います! すぐに連載始めましょう!」って、ガーッと説得して。『どうにかなる日々』の短編も面白かったんですけど、それを大人の女の人じゃなくて、少女の季節で描いていただけたら、絶対ますます胸キュン間違いなし、と思って。
M倉 女の子同士の恋愛を描いても絶対に生臭くならないんですよね、志村さんって。
U村: しかも現実も放り出さずに、ファンタジーになりすぎずに、描いてもらえるんじゃないかな、って。あと、ビジュアル的にもお話としても、思春期の少女は絶対にいい、という確信がありました。

――ただ、実際に原作を読むと、非常にアニメ化が難しい作品ではありますよね。さきほどM倉さんが「雰囲気で読ませる」っておっしゃいましたけど、行間で読ませるみたいなところがすごく大きい作品でもある。

M倉 いやあ、難しかったですね。その難しさは、想像以上でした(笑)。
U村: やっぱりそうですか(笑)。
M倉 これはシナリオ会議のときに、たびたび問題になったんですけど「これはあーちゃんのセリフだろう」って思ってたら、別の人が「いやいや、それはこっちだよ」「なるほど、確かにそうも読めるな」とか。あと、シリーズ構成の高山(文彦)さんとか、監督のカサヰ(ケンイチ)から、なるべく生々しさをそぎ落としたいって意見があって。いかにキレイなところに特化しつつ、しかもお話がほとんどなかったとしても、見せられる方法はないだろうか? って、かなり模索しながら。いやあ、ちょっとギブアップしそうになるくらい、難しかったです(笑)。

――スタッフィングをやられたのは、M倉さんなんですか?

M倉 そうですね。スタッフ関係は、こっちからお願いしました。
色々と悩んだんですが、このタイトルってテクニックだけじゃ作れないタイプのアニメだと思ったんですよ。感覚的に気持ちいいフィルムを作れる人間って誰かというと、私の中ではやっぱりカサヰが最高なんですよ。
脚本は高山さんに。多分、凄く意外なチョイスだと思われると思いますが、彼はものすごい理論派で、ロジックな人ではあるんだけど、同時に少女マンガ好きのおじさんでもあるんです。だから「やって下さいよ~」ってお願いしちゃいました。いざ作品について話し始めると「あそこが...」「ここが...」とか絵にした時の事を一杯話し始めて...。あんまり言うんで「いっそあなたが監督をやれよ!」と叫んでしまいました。

――それはまたチャレンジャーですね(笑)。

M倉 「いや、出来ない!」ってあっさり返されましたけど。
高山文彦にあと何本監督をやらせるかっていうのが、俺の大事な使命なんで(笑)。

――おふたりは原作をご存知だったんですか?

M倉 いや、知らなかったんで「たぶんアンタ、やりたくなるから読みなさい」って、原作を渡して(笑)。キャラクターデザインの音地(正行)さんにも「たぶんこれ、大好きだからやって」って。そうしたら「好き、なんでわかったんだ?やるよ!」って(笑)。
U村: わあーっ、それは嬉しいですね。
M倉 でもやっぱり、キャラクターデザインを発注する時もすごく悩みましたね。志村さんの持ってる上手さって、突き詰めちゃうと高野文子さんとか、あのあたりの人たちのような――日本のマンガのなかでも最高峰の上手さに行っちゃう絵柄だと思うんですよ。それだと今回のテーマとは違う。だから、どうやったらまとめきらずに、いい形に落とし込めるか。音地さんは結構、アニメ用にまとめていくタイプなんですけど、あれこれ話しながら進めました。

後編に続く

2009.6.19 UP

週刊青い花

© 2009 志村貴子・太田出版/青い花製作委員会