週刊青い花

HOME > ストーリー

ストーリー(各話紹介)

第11話 「冬の花火」

夏はあっという間に終わり、季節は秋。恭己のバスケ部での活躍はめざましく、全国大会へ出場することに。そして恭己は卒業後イギリス留学をするとの噂が学校中を駆け巡ります。その話を和佐から聞いてショックを受ける京子。一方ふみは、駅のホームで偶然恭己に出会いますが、お互い目礼を交わして別れます。ふっきれたと思っていたのに、心に動揺を感じてしまうふみですが、しだいにその心も明るさを取り戻し、季節は冬を迎えます。あきらはみんなを誘ってクリスマスパーティをやらないかとふみに提案し...。

脚本:高山文彦
絵コンテ:渦薪かい/カサヰケンイチ
演出:河村智之
作画監督:木本茂樹
美術監督:小林七郎

2009.8.07 UP

週刊青い花

PAGETOP

第10話 「幸福の王子」

新学期が始まり、いよいよ杉本和佐と各務先生の結婚式当日。あきらや京子たち演劇部員も参列し、華やかな式が始まります。幸せそうな姉と各務の姿を見つめる恭己。そんな恭己の背中を見つめる京子...。さまざまな思いが交錯する中、新郎新婦を祝福する参列者たち。式の後、あきらとふみは、江ノ島で合流して遊ぶ約束をするのですが、そこには恭己の姿も。ひさびさに恭己に会い、居心地の悪いふみは先輩を遠ざけます。そして江の島の岩屋で恭己と二人きりになったふみは、ついに恭己に決別の言葉を投げかけることに...。

脚本:綾奈ゆにこ
絵コンテ:高田耕一
演出:橋本敏一
作画監督:植田和幸/野村芙沙子
美術監督:小林七郎

2009.8.07 UP

週刊青い花

PAGETOP

第9話 「夏の夜の夢」

夏休みに入り、京子の誘いで許婚である澤乃井康一家の清里の別荘へ向かう一同。あきらとふみだけではなく、あきらの兄や松岡の演劇部三人娘も一緒の賑やか旅行。一同はテニスにゴルフにハイキングにキャンプにと自然を満喫。自分たちでカレーを作ってそのおいしさに感動したり、夜中に怪談話をしてみたり...。そして、キャンプの夜は二人一組での肝試しをすることに。そこであきらは、康が本当に京子のことを愛しているのだと知るのでした。

脚本:水上清資
絵コンテ:横田和
演出:横田和
作画監督:小美戸幸代/ 斉藤美香
美術監督:小林七郎

2009.8.07 UP

週刊青い花

PAGETOP

第8話 「恋は盲目」

藤が谷の校内新聞で、各務先生結婚のニュースが広まります。以前、恭己の事情は何も知らないと言った各務を詰問する京子。一方、ふみが恭己にふられたことを知り、恭己に一言物申したいあきら。通学途中に恭己と立ち寄った甘味処で、あきらは恭己のふみに対する仕打ちを非難しますが、恭己の表情を見ているうちに、自己嫌悪をもよおしてしまいます。あきらは学校を休んだふみの家を訪れそのことを伝えますが、自分のために一生懸命になってくれるそんなあきらの姿を見て、ふみの心はわずかに晴れるのでした。

脚本:水上清資
絵コンテ:鈴木洋平
演出:鈴木洋平
作画監督:冨岡寛/岩倉和憲
美術監督:小林七郎

2009.8.07 UP

週刊青い花

PAGETOP

第7話 「若葉のころ」

藤が谷演劇祭翌日、あきらとふみは横浜に出かけて一日遊ぶことに。その日、あきらの家に泊まったふみは、恭己との関係が少しぎくしゃくしていることをあきらに相談します。あきらの助言を聞いて恭己と仲直りしようと決意するふみ。そんなふみを杉本家に招待する恭己。恭己には姉が3人もいると聞いてドキドキしながら訪れるふみですが、その家族の前で、恭己はふみを恋人だと紹介します。しかしその夜、ふみと恭己の間に、決定的な亀裂が生まれることに...。

脚本:水上清資
絵コンテ:青井小夜
演出:青井小夜
作画監督:矢向宏志/ 熊田明子/ 松尾亜希子
美術監督:小林七郎

2009.8.07 UP

週刊青い花

PAGETOP

第6話 「嵐が丘(後編)」

いよいよ藤が谷女学院演劇祭当日。初等部の「星の王子様」、中等部の「若草物語」に続いて始まった、高等部の「嵐が丘」。ヒースクリフを颯爽と演じ、万雷の拍手を浴びる杉本先輩。そんな先輩の姿にときめくふみは、先輩に感想を伝えようと演劇部の部室へと駆け付けます。そこには、部員たちに花束を贈る顧問の各務の姿がありました。そして、各務からねぎらいの言葉をかけられた瞬間、突然涙を流した杉本先輩。そんな先輩の涙を目の当たりにして、ふみは当惑することに...。

脚本:高山文彦/綾奈ゆにこ
絵コンテ:渦薪かい
演出:河村智之
作画監督:木本茂樹
美術監督:小林七郎

2009.7.10 UP

週刊青い花

PAGETOP

第5話 「嵐が丘(前編)」

演劇祭が近づき準備で賑やかな藤が谷女学院。高等部の演目は「嵐が丘」。主人公のヒースクリフは、松岡女子高からの客演として杉本恭己が演じることになり、杉本ファンの後輩たちは大興奮。そんな中、杉本先輩を知れば知るほど、先輩には他に好きな人がいるのではないかと考え始めるふみ。そして、先輩に一途な想いを寄せている井汲京子は、先輩とふみの関係を知り、あきらとふみの目の前で突然泣き出してしまいます。ますます胸騒ぎを覚えるふみに、先輩は問いかけました。「初恋を覚えてる?」と。

脚本:高山文彦/綾奈ゆにこ
絵コンテ:渦薪かい
演出:鈴木健太郎
作画監督:萩原弘光/野村芙沙子
美術監督:小林七郎

2009.7.10 UP

週刊青い花

PAGETOP

第4話 「青春は美わし」

杉本先輩から一緒に登校しようと誘われ、ふみは、大好きな幼馴染のあきらと、大好きな恋人の先輩、どちらを優先すればいいか悩みます。そして、ふみはあきらに、自分の好きな相手が杉本先輩である、と打ち明けます。思いがけない告白に戸惑い、どうやって応援しようかと悩むあきら。でも、ふみから「そのままで」と言われ、あきらは笑ってその言葉を受け入れます。一方、井汲京子は、演劇部顧問の各務に、杉本先輩について尋ねます。先輩が藤が谷をやめて松岡女子に突然編入した理由を、各務は知っているのではないかと――。

脚本:高山文彦
絵コンテ:桜美かつし
演出:桜美かつし
作画監督:植田和幸
美術監督:小林七郎

2009.7.10 UP

週刊青い花

PAGETOP

第3話 「朝目覚めては」

バスケ部への入部を断ったふみは、杉本先輩からデートに誘われました。頬を赤らめ戸惑いつつも、嬉しさを隠しきれないふみ。一方、あきらは、同級生の井汲京子から合コンのお誘いを受けます。メンバーは、京子の許婚の澤乃井康とその友人。当日、あきらはドキドキしながら出かけますが、心配のあまり気が気でない兄の尾行により合コンは台無しになってしまいます。同じ日、ふみと先輩は穏やかで幸せな時を過ごしました。距離を縮めた二人は、図書館で初めてのキスをすることに...。

脚本:高山文彦
絵コンテ:高田耕一/カサヰケンイチ
演出:橋本敏一
作画監督:冨岡寛/岩倉和憲
美術監督:小林七郎

2009.7.10 UP

週刊青い花

PAGETOP

第2話 「春の嵐」

青い花 第2話 青い花 第2話
青い花 第2話 青い花 第2話

偶然の再会を果たした幼馴染のあきらとふみは、別々の高校に通いながらも毎日一緒に登校する約束をしたり、互いの家を行き来したりして、仲良く時を過ごします。まるで離れ離れだった時間を取り戻すかのように、親密さを深める二人。お嬢様学校に入学して浮かれ気味のあきらは、クラスメイトの井汲京子と一緒に、憧れの演劇部に入部。一方、読書好きのふみは文芸部を訪ねますが、クールでボーイッシュな杉本先輩に誘われて、なぜかバスケ部へ入部してしまいます。更には、藤が谷演劇祭に客演する杉本先輩のお手伝いまですることになって...。

脚本:高山文彦
絵コンテ:長井龍雪
演出:長井龍雪
作画監督:矢向宏志
美術監督:小林七郎

2009.6.10 UP

週刊青い花

PAGETOP

第1話 「花物語」

青い花 第1話 青い花 第1話
青い花 第1話 青い花 第1話

鎌倉の進学女子高に入学した、泣き虫な美少女・万城目ふみ。入学式の朝、電車でチカンにあったふみを助けたのは、同じく鎌倉にある名門お嬢様学校に入学する、天真爛漫な元気少女・奥平あきらでした。実は二人は幼馴染で、10年ぶりの偶然の再会だったのです。恋人だった従姉が結婚することを知りショックを受けたふみは、登校中の鎌倉駅であきらに会ったとたん、泣きだしてしまいます。あきらは子供の頃と同じようにハンカチをそっと差し出し慰めました。「ふみちゃんはすぐ泣くんだから・・・・・・」。

脚本:高山文彦
絵コンテ:カサヰケンイチ
演出:カサヰケンイチ
作画監督:木本茂樹
美術監督:小林七郎

2009.6.10 UP

週刊青い花

PAGETOP

週刊青い花

© 2009 志村貴子・太田出版/青い花製作委員会